よりネーティブ・スピーカーに近づくための英語表現

このコーナーに掲載されている内容(解説および例文)を ENGLISH ROOM 411 の許可なしに無断で転載あるいは使用することは著作権法上かたく禁じられていますのでご注意ください。

B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q-R | S | T | U-V | W | X-Y-Z-#

= A =

 

 

 

a la mode (アイスクリームがのっかった)

 

 

 

フランス語から英語になった表現の一つです。 a la mode の元来の意味は「〜の様式で」ということで、おもに「スタイル・型・様式」などを表すために使われる表現でしたが、北米では「アイスクリームがのっかった・アイスクリームといっしょに」という意味でデザートについて使われることがほとんどです。

 

 

 

Have you tried their apple pie a la mode? It's so yummy. 「あそこのアイスクリーム付きアップルパイを食べたことありますか?とてもおいしいですよ。」

 

 

 

 

 

 

 

A penny for your thoughts! (教えてくれたらお金あげるよ)

 

 

 

penny というのは1セント硬貨のことを指します。ちょうど日本の1円玉といった感じです。この表現は I'll give you a penny if you tell me what you're thinking about. (「今考えていること・頭の中にあることを教えてくれたらばペニーをあげるよ」)ということで、相手が考えていることを知りたいときに「お願いだから教えてよ」という意味で使います。

 

 

 

I said "A penny for your thoughts!" to Danny. He didn't seem to hear me, though. 「何考えてるんだか教えてくれたらお金あげるよってダニーに言ったのですが、彼には聞こえていなかったみたいです。」

 

 

 

 

 

 

 

a pop (一個につき)

 

 

 

「一つにつき・一個につき」という意味の表現で値段の後ろに付けて使います。非常にインフォーマルな表現でスラング的な響きがありますので、フォーマルなシチュエーションでは apiece, per piece, each などを使うようにしましょう。ただし a pop は日常的に頻繁に耳にする表現ですので聞いて分かるようにしておかなければなりません。

 

 

 

These apples are 75 cents a pop. 「これらのリンゴは一つ75セントです。」

 

 

 

These DVDs are only 8 bucks a pop. 「ここにあるDVDは一枚たったの8ドルです。」

 

 

 

 

 

 

 

a skosh (少し)

 

 

 

勘がいい人はもう気が付いたかもしれませんが、これは日本語の「すこし」が英語化したものです。 それほど頻繁に使われる言葉ではありません。意味は当然「少し・ちょっと・わずかに」で a little bit, a little, a bit, a tad などと同じように使われます。「もう少し」を英語にすると a skosh more になります。

 

 

 

I'm a skosh tired. 「私は少し疲れています。」

 

 

 

I need a skosh more space for my new computer. 「新しいコンピューターを置くための空間がもう少し必要です。」

 

 

 

 

 

 

 

accidentally-on-purpose (事故に見せかけてわざと)

 

 

 

「事故に見せかけてわざと」)という副詞でややスラング的な響きがあります。

 

 

 

He accidentally-on-purpose pushed her into the river. 「彼はあたかも事故に見せかけてわざと彼女を川へ突き落としました。」

 

 

 

 

 

 

 

according to Hoyle (決められたとおりのやり方で)

 

 

 

18世紀に室内ゲームのルールに関する本を書いたイギリス人 Edmond Hoyle の名前に由来する表現です。彼の書いたルールは非常に権威のある「標準的なやり方」とみなされてきました。 according to Hoyle は文字どおりに訳すと「ホイル氏によると・ホイル氏のやり方では」ですが、今日では「ルールに従って・決められたとおりのやり方で・正しいやり方で・規則どおりに・規則によると・通常のやり方からいくと」という広義の意味で使われています。Hoyle という名前は現在でもさまざまな本(特にトランプなどのゲームのルール、やり方を説明した本)のタイトルに使われています。

 

 

 

This is how you synthesize sounds according to Hoyle. 「こうやって音を合成するのが通常のやり方です。」

 

 

 

 

 

 

 

ace (楽勝する)

 

 

 

トランプ・カードの ace を動詞として使うと「なんなくやってのける・楽勝する」という意味になります。

 

 

 

"How did you do on the exam?" "Oh, I aced it." 「試験どうでしたか。」「あー、楽勝でしたよ。」

 

 

 

 

 

 

 

(an) aficionado (熱狂的なファン)

 

 

 

「ある特定の事柄に熱狂的にのめり込んでいる人」のことを指して言う言葉です。

 

 

 

My older brother is a baseball aficionado. 「私の兄は熱狂的な野球ファンです。」

 

 

 

 

 

 

 

(an) airhead (アホ)

 

 

 

「空気頭」というのは要するに「頭が空っぽなこと」を指しています。「アホな奴・バカな人間」という意味で使われる非常にインフォーマルな言葉です。

 

 

 

I don't want to deal with an airhead like him. 「彼みたいな頭が空っぽな人を相手にしたくありません。」

 

 

 

 

 

 

 

all that (最高の)

 

 

 

all that and a bag of chips (最高の)

 

 

 

all that and then some (最高の)

 

 

 

上記3つの表現はどれも「最高の・この上なくすばらしい」という意味で be動詞の後ろに付けて使います。all that all that and then some が短くなったものと考えて良いでしょう。最近は all that を使うのが普通です。all that and a bag of chips all that and then some の変形とも言えます。all that and a bag of chips は「(本当は大したことないのに、あるいは、他人はそうは思っていないのに)自分で自分のことをすごいと思っている」というニュアンスを込めて使うこともあります。要するに「自画自賛」用の表現です(ふざけて使うこともあります)。基本的にどの表現を使っても意味は同じです。

 

 

 

I'm all that and a bag of chips, don't you think? 「私って何かすごいと思いませんか。」

 

 

 

That concert was all that! 「あのコンサートは最高でした。」

 

 

 

 

 

 

 

and then some (半端じゃない)

 

 

 

日本語にはぴったりと一致した言い方がありませんが、「更にもっと・そんなもん(ちょっとやそっと)じゃきかない・半端じゃない」といった意味で、その直前に述べたこと(金額・分量・度合いなどに関して使われる)を更に強める働きがあります。

 

 

 

It cost me a lot of money and then some. 「すごくお金がかかりました、ちょっとやそっとの額ではないですよ。」

 

 

 

 

 

 

 

astronomical (常識を外れた高い値段の)

 

 

 

astronomical は「天文学的な」という意味の形容詞ですが、他に「数字が巨大な・常識を超えた高価な」という意味もあります。

 

 

 

"You go to Princeton, right? What's the tuition like there?" "$30,000 per year." "What?" "I know. It's astronomical, but it's a very good school." 「確か大学はプリンストンでしたよね?授業料はどの位なのですか?」「年間3万ドルです。」「えっ!」「高いのは分かっていますよ。法外な授業料ですけれど、とにかくすばらしい大学なんです。」

 

 

 

 

 

 

 

ay (賛成)

 

 

 

yes を意味する古い言葉です。多数決で何かを決定するときに「賛成!」という意味で使われます。通常、片手を上に挙げながら Ay! (発音は[ アーィ ])と言います。会議などで必要となる重要な言葉ですから覚えておきましょう。ay aye とつられることもあります。「反対!」に相当する英語は Nay! (発音は[ ネーィ ])です。

 

 

 

Ay! 「(その意見に)賛成です!」

 

(このページにある表現の見出し数:15)

 

 


English Room 411